スクールライフ
演劇部
ただいま充電中!ー2018年度演劇部活動報告42ー

 演劇部は1月16日(水)から2月11日(月)まで、しばらく活動を休止しています。昨年秋に10年ぶりの県大会出場も2年連続の三島市民演劇祭出場も逃したことがよほどショックだったのか、部員2名が勉強に専念するため辞めてしまい、その後は部員3名で活動しています。そして、そのうち1名の部員が月末の英検受験に備えてしばらく部活を休みたい、と言い出したため、残り2名だけで毎日同じような練習を続けても生産性がない、ということで、2月初めの高校入学試験が終わるまで、しばらく部活を休止することにしました。演劇は、吹奏楽などと同じく、毎日練習を続けることが大事です。練習しない日が長くなるほど、身体がなまってしまいます。ですからこの休部は、或いは致命的なことなのかもしれませんが、「勉強と部活を両立する」という方針で、練習日を毎日にしたり、練習時間を午後8時までにして、進学クラスの生徒でも授業・補習後に部活に参加できるようにここ数年配慮している現在の部活の方針から、仕方のないことです。活動休止中でも部員たちは、本気で部活をやる気があるのなら、必ず毎日自主練習を続けているはずですし、顧問としてもそういう部員を希望しています。

 2月12日(火)の活動再開後は、まずは卒業する3年生部員を送る準備と、4月初めの部活動紹介の準備に専念です。部活動紹介については、演劇部は普段の公演と同じく、1~2ヶ月前からみっちり練習を積んで臨むのが習慣で、この点については今年の部員もこだわっていくつもりのようなので、頑張っていきたいです。現在は2年生部員だけなので、6月の桐陽祭公演及び中高演6月公演の舞台で、進路実現に向けて勉強に専念するため、部員は全員引退する予定で、演劇部はその時点で自動的にまた休部になります。もとより部員たちは皆その覚悟はできていますが、でも顧問としては、できればそれまでに、彼女らの活動を引き継ぐ新入部員が入ってくれることを願います。この1年半もの間、「縁の下の力持ち」として部活を支えてきたのが、現在の部員たちです。この子たちが積み重ねてきたものを、是非責任を持って引き継いでほしい。そういう新入部員を切に希望します。流れが読めず、自分本位のことしかやろうとしない部員は、とりあえず要らない、かな?(だから、毎年部員が少ないんでしょうね<笑>)。なお、来年度は静岡で関東高校演劇研究大会が開かれますので、来年度の新入部員には、この関東大会スタッフとしてフル稼働してもらう予定です!(前回の静岡開催の関東大会では、本校は司会・進行を担当しています。こだわりです!)