スクールライフ
演劇部
リハーサルに行ってきました!-2019年度演劇部活動報告46ー

 昨日11月1日(金)午後6時から、伊豆の国市長岡総合会館大ホールで行われた、県東部高校演劇研究大会公演のリハーサルに行って来ました。リハーサル順は本番の上演順とは逆なので、本来なら明日上演の本校は今日がリハーサル日になるはずだったのですが、部員が皆進学クラスの生徒のため授業を休ませたくないのと、今日11月2日(土)に2年生の修学旅行説明会が予定されていたため、主力の2年生部員にこれも欠席させたくない、ということで、今年は例外的に「夜のリハーサル」という形でやらせてもらいました。それにしても大変だったのが、小道具の搬入!本校の公演では、いつもは大きな装置などがあるため、近くの運送会社にお願いしてトラックで装置を運んでもらう(本校顧問は、車を運転しません)のですが、今回は小道具が「お地蔵さん」に日本刀、刀置きだけなので、部員たちが直接持って会場まで移動しました。しかし、さすがにJR線・伊豆箱根鉄道腺の電車を小道具を持って移動は、キツかった!かさばるし、周囲からは変な目で見られるし‥‥、ということで、やむなく伊豆長岡駅から会場まで(徒歩15分)は、小道具の運搬だけは本校演劇部の“公用車”(世間では「タクシー」と呼んでいるもの)を使わせてもらいました。途中で狩野川も渡るので、小道具を持って歩くのは、ちょっと危ないからね!

 リハーサル自体は、思ったより順調でした。音響・照明の“助っ人”とも、当然会場の機材に触るのは初めてで、そもそもサスとかピンとかホリとかも、またF.IとかC.Iとかも分かっておらず、ただ部員の作ったプランどおりにやるしかなかったのですが、会場スタッフの方の指導などもあって、結構上手にやっていました。自分たちで決められず、リハーサルの場で会場スタッフの方に作ってもらうことになっていたホリの色も、満足のいくものに仕上がりました。あと心配なのが、キャストの演技。声は客席の後方に届くか、早口にならないか、滑舌が悪くならないか、など、心配は尽きません。明日は本番まであまり時間がないので、今日の午後、最後の通し稽古をして、少しでも心配を減らしていきたいと思います。明日の本校公演は、午後0時半からです。