スクールライフ
演劇部
世代交替しました!-2019年度演劇部活動報告27ー

 演劇部は6月9日(日)の中高演6月公演後、6月19日(水)をもって3年生部員4人が引退し、2年生の新部長を中心とする新体制に代わりました。ただし本格的な再スタートは、1学期期末試験が終わった来週7月8日(月)からです。新部長が応援部員を兼ねているため、応援団フェスティバル・野球応援と続くこの時期はなかなか演劇部の練習には顔を出せず、また現在の部員はとにかく進学クラスの生徒が多いため、テスト1週間前までは部活に専念していても、その後は今度はきっちり勉強に専念する、という習慣があり、なかなかこの頃は集中して練習ができない状態です。来週から満を持して‥‥‥‥。

 夏休み中の部活の予定としては、まずしばらくは発声・滑舌・体力づくりなどの基礎訓練。そして夏休み後半ぐらいからは、11月の県東部大会公演の台本選びに入ると思います。何しろ頭の痛いことは、もともと3年生部員を含めても、部員中でキャスト経験者は3人だけだったのですが、現部員で舞台に立ったことがあるのは、現部長の1人だけ!ということ。残り2人の2年生部員は、もともとスタッフの助っ人だったのが、今回引退したスタッフの生徒の後継者として正式入部してもらったものなので、まずスタッフで固定のはず(そのつもりで、育っています!?)。やはり1年生部員3人の中から1人でもキャストに回さざるを得ません。この夏休み期間中でどれだけ鍛えられるか?8月14日(水)からの県東部高校夏期演劇講習会<いわゆる「御殿場合宿」>には、本校演劇部は1994年に合宿形式になってからほぼ毎年参加しているので、今年も顧問や新部長はもちろん1年生部員は皆参加させるつもりですが、あくまで「強制参加」の形はとっていないので、1年生部員が個人的な事情を作って参加しなかったりしたらなぁ‥‥。先行き厳しいです。でも、本校演劇部は伝統的に、キャスト2人ないし3人の芝居は何度も上演しており、結構そういう少人数の時の方が強いんですね!(今年の中高演6月公演の芝居も、キャスト2人でした。「ポンコツ軍団」と呼ばれていたけど、例年以上の出来でしたよ!)。現在の1年生部員たちが、そういう先輩たちに負けないぐらいに頑張ろうという自覚を今後持ってくれればいいのですが‥‥。とりあえず、今後に請う御期待です。

 ちなみに、8月後半には本校の第1回一日体験入学がありますので、それに向けて部活紹介のパネルも作製する予定です。一日体験入学には、機会があればまた会場スタッフとして参加することになります。屋外ステージでのパフォーマンスには、参加の予定はありません(やはり高校演劇は、ちょっと短時間でのステージパフォーマンスは馴染みません。コントとはまた違いますから)。