スクールライフ
演劇部
中高演公演2週間前!ー2018年度演劇部活動報告⑭-

 6月24日(日)の中高演6月公演まで、あと2週間。演劇の場合、吹奏楽などと同じく、1日練習しないと台詞が出にくくなったり動きが鈍くなったりするといわれるので、本番1~2ヶ月前は土・日も含めて毎日練習することにしています。しかし、さすがに1週間前の桐陽祭公演の疲れが、特にキャスト陣には残っているようですね。今日もキャストのうち2人が体調不良を訴え、そのため急きょ、スタッフ陣の主導で、桐陽祭公演で不備のあった装置の修理、及び昨日の会場打ち合わせを踏まえて台本の打ち直しを中心に行いました。装置などで気になるところについては、ほぼ完了。桐陽祭公演で傾いていた街灯も、真直ぐ立つようになりましたよ!今後はスタッフは、おおむね通し稽古に付き合っていくことができそうです。キャストについても、桐陽祭公演以上のグレードアップを各人期してはいるのですが‥‥‥‥。早く体調を万全にしたいところです。

 目下、懸案となっているのが、スポット担当の生徒。キャスト4人・スタッフ3人の部員では手が回らず、助っ人を頼むことになりました。2人必要なのですが、確保できているのは1人。でも、昨日の会場打ち合わせの結果、スポットのやらなければならないこともかなり増えました。これをこなしてもらうためには、毎日の練習にもきちんと参加し、どこでスポットをあてればいいかもしっかり覚えてもらい、本番中も舞台監督や照明担当の指示に謙虚に従ってくれる人でないと困ります。もともと現在の部員の半数以上が、最初からいた部員の友人で、助っ人として参加しているうちに部活に残ってくれた生徒だとはいえ、これ以上に信頼できる助っ人を頼むことができるか。しばらく頭の痛いところです。善意ある“助っ人”の登場に、期待したいと思います。