スクールライフ
演劇部
求む!未来の「主役」ー2019年度演劇部活動報告28ー

 夏休みは始まっていますが、演劇部の活動はなかなか再開できません。部長(女子)が応援部の主力メンバーの1人で、昨日までとにかく八面六臂の大活躍でしたし、他の部員も連日、学年入れ替わりでの野球応援でしたので、なかなか皆で揃って練習、というわけにはいかなかったのです。ようやく今日から練習再開、と思っていたら、案の定部長が声を枯らしてしまいダウン。現部員5人中唯一の昨年度からの部員で、唯一のキャスト経験者であり、やる気も人一倍ある部長が練習できないとなると、何もできないのが現状です。明日から、ぼちぼち‥‥というところですかね。

 部員5人中、2年生部員2人(男女1人ずつ)はそれぞれ音響・照明の専門として入部しているので、この夏休みは残る1年生男子部員2人をキャストに仕立てるべく練習することになるのですが、それでもやはりもう数人、キャストがほしいです!男女1人ずつでも芝居はできますが、やはり上演できる作品が限られてしまう。8月24日(土)・8月25日(日)に、本校の今年度第1回の一日体験入学があり、演劇部員は屋外ステージでのパフォーマンスはありませんが、例年どおり体験授業「楽しい歴史」のスタッフとして参加する予定です。これを機会に、演劇に興味のある中学生は、ぜひ体験入学に参加して桐陽高校演劇部を見に来てください。午前中は「体験授業階」である本館4階に2日間とも部員がいるはずです。

 ここ三島・沼津地区は、三島南・韮山・三島北など全国レヴェルの演劇強豪校がひしめいていますが、三南や韮山では舞台に立てなくても、桐陽なら精進次第で舞台に立てますよ!ただし強豪校のように、黙っていても参加さえしていれば基礎をみっちり教えてくれる、というところではありませんので、あくまでも部員が自主的に練習することが必要。そしてまた、精進次第で舞台に立てる、といっても、いきなり「主役」ということはありません。本校だって過去に県大会出場7回、県高校総合文化祭演劇部門出場15回。それなりに意地はあります。また、現在の部長は小柄でおとなしく見えます(?)が、とても積極的で、かつ頑張り屋です。秘めた実力は、県大会出場当時の主力メンバーにも劣らないかもしれない。その部長をさしおいて‥‥、というのは、やはりすぐには無理でしょう。しかし、その部長や他の部員はとにかく、「共演者」を、一緒に精進して練習する部員を求めています。そういうわけで、とにかく、先輩たちが培ってきた良い部分を引き継ぎ、更に発展させていく意志のある中学生、ぜひ来てください!キャスト大募集!もっというと、現部員の「共演者」(そして将来は、その気があるのなら「主役」)大募集です!