スクールライフ
演劇部
沼津四中公演まで、あと1ヵ月ー2018年演劇部活動報告30ー

 10月23日(火)の沼津四中公演まであと1ヵ月、11月4日(日)の県東部大会公演までもあと1ヵ月余りとなりました。演劇部は、先週・今週の三連休も含めて、毎日練習しています。ようやく9月22日(土)に、今回の上演台本がほぼ書きあがりましたが、細かいところで不足や矛盾するところがあり、今は半立ち稽古をしながら、部員皆で台本の直しをしています。現在、演劇部員は2年生4人・1年生1人の計5人。今回の台本のキャストは4人なので、練習の時はほぼ全部員が舞台に出づっぱり、演出も舞台監督もキャストが兼任です(一応、前舞台監督の生徒が控えにいるのですが、この生徒は体調を崩していて、休日の部活は休みがちです)。だから、毎日の練習が終わると、部員(キャスト)は皆くたくたになっています。

 スタッフについては、これまで“助っ人”として1年間担当してくれた生徒が今回は都合が悪く、新たに“助っ人”を頼まなくてはならなくなっています。1年生3人の“助っ人”が先週木曜日に来てくれましたが、音響・照明プランも確定していないうちに、いきなり毎日の練習に参加することをお願いするわけにもいかず、本格的な練習参加は、10月に入ってからになりそうです。しかし、音響・照明などのスタッフは、ただプランどおりに音響を流したり照明をつけたりすればいいというものではない。やはり舞台監督の指示に従い、舞台上のキャストと息を合わせてくれなくてはいけない。これまで1年間、固定の舞台監督、固定の照明スタッフでやってきて、キャストとしてはすっかりスタッフを信頼しきることができていたのですが、今回のスタッフはいずれも初体験という子ばかり。部員(キャスト)としては、自分たちの演技のこともさることながら、自分たちが新しいスタッフにきちんと指示が出せるか、彼女らと息を合わせることができるか、やっぱり不安です。3年生部員にお願いすればいいのかもしれませんが、受験で忙しいだろうということで、部員の方でお願いすることを固辞しています。